一般歯科

早期発見・早期対処の重要性 ~一般歯科~

早期発見・早期対処の重要性 ~一般歯科~

虫歯はかかったことのある人が多い、とても身近な病気です。しかし、意外と知られていない情報が多く、そのことが効果的な予防や治療の妨げとなっていることも。鎌倉市大船駅近くの歯医者「おさらぎ歯科」が、虫歯の概要や原因、進行段階、治療法などをご紹介いたします。正しい知識を身につけ、早期発見・早期対処で歯の健康を守りましょう。

虫歯を正しく理解していますか?

虫歯を正しく理解していますか?

虫歯は「虫歯菌」と呼ばれる細菌による感染症です。虫歯菌は食べ物や飲み物に含まれる糖分を栄養として吸収する際に酸を排出するため、その酸が歯を溶かしていくのです。これによって歯に穴があいた状態を「虫歯」と呼びます。

初期の虫歯は自覚症状があまりないため、気づかぬうちに進行してしまうケースも少なくありません。虫歯が神経にまで達すると大がかりな治療が必要になり、最悪の場合は歯を失ってしまうことになるので、早めの対処が必要です。

虫歯の主な原因

虫歯の主な原因は次の4つだといわれています。これらの条件がそろってしまうと虫歯にかかりやすくなるため、それぞれの原因を取りのぞくよう心がけましょう。

虫歯菌 糖分
歯に付着するプラークは食べかすではなく、虫歯菌などの細菌のかたまりです。ブラッシングで丁寧に取りのぞきましょう。 食べ物や飲み物の糖分は細菌を増やし、酸をつくり出す原因になります。甘いもののとりすぎには注意が必要です。
歯質 時間
栄養状態や遺伝的な要因、病気などの影響で、歯の強さは一人ひとり異なります。フッ素塗布には歯質を強化する働きがあるので、定期的に処置を受けましょう。 糖分と細菌が同時にお口の中に存在する時間が長くなると、虫歯のリスクが高まります。食事やおやつにダラダラと時間をかけず、食後は早めにブラッシングしましょう。
虫歯の進行段階と治療法
進行段階 症状 治療法
C1 エナメル質の虫歯
C1 エナメル質の虫歯
歯の表面にあるエナメル質が溶けはじめた状態です。小さな穴があきますが、まだ痛みなどの自覚症状はほとんどありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて補います。
C2 象牙質に達する虫歯
C2 象牙質に達する虫歯
虫歯の穴がエナメル質の奥にある、象牙質まで達した状態です。甘いものや冷たいものがしみるようになります。 虫歯に冒された部分を削り、型を取って製作した詰め物で補います。
C3 神経に達する虫歯
C3 神経に達する虫歯
虫歯の穴が象牙質のさらに奥にある歯髄(歯の神経や血管)にまで達した状態です。何もしなくてもズキズキと激しく痛みます。 根管(歯の根を通る細い管)から歯髄を取りのぞき、専用の薬剤を詰めてふさぐ「根管治療」が必要になります。
C4 歯根に達する虫歯
C4 歯根に達する虫歯
神経が死ぬのでいったん痛みがなくなりますが、放っておくと歯の根の先に膿が溜まる根尖病巣(こんせんびょうそう)ができて再び激しく痛み出すことがあります。 ほとんどの場合、抜歯が必要となります。歯を抜いたあとは入れ歯やインプラント、ブリッジといった補綴(ほてつ)治療で、失った歯の機能を補います。

虫歯は早期発見・早期対処が重要

虫歯は早期発見・早期対処が重要

虫歯は感染症ですが、虫歯によって溶けた歯が風邪やすり傷のように自然に元に戻ることはありません。治療によって削る際にもダメージを受けるため、何もしていない歯に比べると寿命が短くなります。

健康な歯やお口の状態を長く維持するためには、予防を心がけるとともに、万が一虫歯になった際は早期発見・早期治療に努めることが大切です。初期の虫歯なら歯を削る量が少なくてすみ、費用や時間もあまりかかりません。「少し痛みがある」「最近冷たいものがしみる」など、気になる点があればお早めにご相談ください。

定期検診で虫歯から歯を守りましょう診療予約はこちら