歯周病治療

知らないうちにあなたもかかっているかもしれません ~歯周病治療~

知らないうちにあなたもかかっているかもしれません ~歯周病治療~

「歯周病」という言葉自体はテレビコマーシャルなどの影響もあり、多くの方がご存じだと思います。しかし、いったいどのような病気なのかきちんと知っている人はあまり多くありません。

歯周病は虫歯と同じく細菌による感染症で、歯周病菌の出す毒素で歯ぐきが炎症を起こし、歯を支える歯周組織(歯ぐきや顎の骨など)が少しずつ破壊されていく病気です。進行するまで痛みなどの自覚症状が出にくいという特徴があり、気づいたときには歯がポロリと抜け落ちてしまうほど進行しているケースも。日本人が歯を失う原因の第1位は、虫歯ではなくこの歯周病なのです。

次のチェックリストのうち、ひとつでもあてはまる症状がある方は歯周病にかかっているかもしれません。大切な歯を守るため、お早めに鎌倉市大船駅近くの歯医者「おさらぎ歯科」にご相談ください。

こんな症状ありませんか?~歯周病セルフチェック~

歯周病の進行状況

歯肉炎 歯ぐきが炎症を起こしています。まだプラークが石灰化した歯石は形成されておらず、顎の骨も溶けていません。ブラッシングなどで出血することがあります。
歯肉炎
軽度歯周炎~中等度歯周炎 プラークが石灰化した歯石が形成され、歯ぐきの腫れがひどくなります。歯ぐきが歯根から剥離し、歯ぐきが腫れることで歯と歯ぐきの間の溝(歯肉溝)が深くなって、歯周ポケットが形成されます。ポケットの深さで進行度が判断できるので、歯科医院で検査を受けましょう。顎の骨が溶けはじめるため、歯がグラつくこともあります。
軽度歯周炎~中等度歯周炎
重度歯周炎 顎の骨が大量に溶け、歯周ポケットがさらに深くなります。歯ぐきに膿が溜まり、口臭が悪化。この段階になると痛みを感じることもあり、抜歯が必要になることもあります。
重度歯周炎

「おさらぎ歯科」の歯周病治療

初期段階の歯肉炎なら、ブラッシング指導によって正しいセルフケアを身につけ、歯科医院で定期的にPMTCを受けることで治癒が期待できます。それよりも症状が進行している場合、次のような処置が必要になります。

スケーリング プラークやそれが石灰化した歯石を、スケーラーという専用の器具で取りのぞきます。
スケーリング
ルートプレーニング 歯周ポケット内部に付着したプラークや歯石を取りのぞき、歯の表面を滑らかに仕上げて再付着を防ぎます。
ルートプレーニング
フラップ手術 スケーリングやルートプレーニングでも症状が改善しない場合、部分麻酔をして歯肉を切開し、目視で確認しながらプラークや歯石を取りのぞきます。
フラップ手術
咬合調整 咬み合わせの乱れによって咬む力が歯に偏ってかかると、歯周病の進行を早めることがあります。咬み合わせを調整することで、咬む際に歯にかかる力が正しくかかる状態をつくり出し、症状の改善を図ります。
咬合調整
レーザー治療 レーザーには炎症や痛みを和らげ、出血を抑えて治癒を促すなどさまざまな効果があることが知られています。当院ではCO2レーザーを歯周病の炎症を和らげる治療に導入しています。
レーザー治療
連結固定 グラつきのある歯を健康な歯に固定し、グラつきを抑える治療法です。

症例紹介

当院では次のような歯周病の患者さんを治療し、健康なお口の状態に導いた実績があります。

  • Before
    Before
  • After
    After

大切な歯を長く維持するために診療予約はこちら